現在のビル運営に問題を抱えている方へ

 私はまず問いたい(対象は中小のビルを数棟以下所有している方にしています)。現在のビルやマンションを所有した時の気持ちはどうだったのでしょうか?多分、自分の一生での高い買い物をするわけですから、かなり熟慮を重ねた結果、ビルオーナーに踏み出したと思います。
 バブル時期は、金融関係・不動産関係・建築関係から甘い夢を見せられ、これからは楽をしてビル経営が出来ると安易にビルを買ったり建てたりした人も若干いると思います。

 私は、経過はどうであっても自分で判断をし、決断した事に対しては自分で責任を持って処理する必要があると思います(自己責任)。
 病気でも、重症状態ならば大手術をして延命を図るか、時間の問題で死を迎えるしか手がありません。しかしながら、初期の軽い病気ならば、良い医者の手により的確な治療を行えば元気に回復します。
 私は”ビルオーナーのかかりつけの医者”の立場として、少しでも健全なビル経営を志す人の手助けになればと思っています。

 現在のビル経営は、決して甘くありません。ビルオーナー自身が昔の夢に浮かれず、現実をしっかり見つめる事です。
 よくビルオーナーで、『このビルはXX億円かかった。昔は賃料XX円だった。昔は空室なんかなかった。』という言葉を聞きますが、それはたまたまラッキーな風に吹かれただけです。オーナーの経営努力に依るものではなかった、と反省する事からスタートすべきだと思います。




 ビル運営にはリスクがつきものです。安全、安全と思うことは自由ですが、リスクに対する対案がなされていれば、何も恐れる事はありません。オーナー側から言えば、高い家賃で、高い保証金で一流企業を望みます。テナント側から言えば、出来るだけ安い家賃で、出来るだけ安い保証金で、今ではなく将来を買ったオーナーを望みます。

 ビル経営は、まず収入の確保を図る事(←テナントでビルを満室にして、稼働率を上げる事)です。次に支出減を図る事(←金利down、メンテナンス費用削減、その他不要な費用の削減)です。

 たまに、経費削減を称してビルメンテナンス費にほとんど手を掛けず、汚れたビルにテナントを入れているオーナーがいます。
  オーナーさん、貴殿のビルは商品です!
テナントさんはその商品を買ってくださるお客様です!!

 何も華美に着飾る必要はありません。小綺麗にサッパリとした姿で良いのです。その為にはポイントがあります。そのポイントだけは省略しないで下さい。(詳しくは個々にコンサルティングします)

 ビルオーナーの皆様、ビルを所有した時のあの思いに少しでも近づける為、まず、今抱えている問題点が何かを整理して下さい。次に、信頼できる人に相談してみて下さい。きっと良い解決法が見つかるかもしれません。

ひとつ前に戻る    トップヘ戻る