仲介業者はオーナーではない!


 オフィスを探す場合、最初の交渉相手は仲介業者であることが普通です。注意しておきたいのは、仲介業者はオーナーとは限らないということです。たまに不動産業者が自社物件を持っていて賃貸する場合がありますが、例外なケースです。不動産業社は、不動産の賃貸の仲介・売買の仲介・分譲などを扱います。つまり、テナント(賃借人)とオーナー(賃貸人)の間に立っているのです。

 テナントの交渉する相手が仲介業者ばかりであれば、どうしてもその業者の店構え担当者の態度に気をとられてしまいます。けれども、家賃の決定や設備の維持管理は、最終的にはオーナーです。お金がからむだけに、オーナーの経営態度・実績がものをいいます。最近のように家賃がさがり、テナントの数も少なくなると、オーナーの業績も悪くなります。そんな中でもテナントを集めてビルを維持するオーナーでなければ、保証金など安心して預けることが出来ません。

 テナントは中小ビルに入居するなら、一度はオーナーに会っておくべきです。新しい取引先を開拓した場合に、その社長に合い会社を調べるのと同じです。


 仲介業者は、オーナーと別です。
 くれぐれも、『テナントの契約相手はオーナー』だということを自覚してください。中には、仲介業者の立場なのに、すべての決定権があるが如くいい加減な約束をする業者がいますので十分注意して下さい。



ひとつ前に戻る    トップヘ戻る