不動産の運用

 100の不動産には100の顔があります。従って、その不動産に適した選択肢が必要です。不動産運用は、投資した資本に対する、最終的な成実(収益力)です。
これを、なしとげるには、不動産と建築の専門知識と経験が不可欠です。
オーナー側には、保有ビルを改修する際、改修工事のタイミングや見積りの妥当性を判断出来るか?適切な賃料設定やテナント誘致が出来るか?ビル管理のサービス内容と料金は適性か?専門家でなければ解らない事が沢山あります。
これらを、一貫して、オーナー側に立って働いてくれるプロを、パートナーに持つ事が合理的で、本業に専念出来ます。これらを解決してくれる、良きパートナーとして、是非、当社を検討して見て下さい


ひとつ前に戻る    トップヘ戻る